食材宅配の暮らし

共働き主婦が食材宅配を試しまくってるブログ

有機野菜と無農薬野菜の違い

「有機野菜」「無農薬野菜」、この2つの違いを知っていますか?

農薬を使ってない野菜だと思っている人が多いんですが、実はどちらの野菜も農薬を使っていないわけではないんです。

とても大きな違いがあるので、改めて確認してみましょう。

有機野菜とは

「有機野菜=オーガニック」です。
有機野菜は、農林水産省が定めた有機JAS規格に適合した野菜のことで、有機JASマークをつけることができます。

有機肥料など禁止されている農薬や化学肥料を使っていません。
許可されたものは使えますが、極力使わずに、自然に近い環境で育てた野菜です。

そのため虫や雑草が多く、それを1つ1つ手で取り除いたり、農薬に頼らない方法で駆除しています。

有機JAS規格とは

  • 原則、禁止されている化学肥料や農薬を避ける
  • やむを得ない場合のみリスト化したもののみを使う
  • 播種2年前(多年生の植物の場合は収穫から3年)以上、使用禁止資材用いていない田んぼや畑で栽培すること
  • 遺伝子組み換えの種苗でないこと
  • 生産から出荷までの記録を残す

他にもありますが、このような規約が定められています。

簡単に言えば、種まきの2~3年前と栽培中、危険な農薬・化学肥料を使わずに育てられた野菜です。
もし使ったとしても安全なもののみで(禁止されているものは使えない)記録を残している管理された野菜ということですね。

無農薬野菜とは

一時期は無農薬野菜がブームになって、無農薬野菜=虫が多い、無農薬野菜=安全、とイメージする人も多いですが、現在は「無農薬」「減農薬」「無化学肥料」「減化学肥料」などの表示は禁止になりました。

「無農薬野菜」と聞くと全く農薬を使わずに作った野菜だと思っている人も多いですが、実際にその野菜を育てる過程では薬品を使っていなくても、近隣の畑の農薬が付着したり、土壌の残留農薬などの問題がありました。

そのためこの表現を禁止して「特別栽培農産物」という名称に統一されました。

特別栽培とは

  • 農薬の使用回数がその地域の慣行的な使用回数の50%以下であること
  • 化学肥料の窒素成分量がその地域の慣行的な使用回数の50%以下であること

特別栽培の野菜は、有機JAS法で禁止されている農薬・化学肥料を50%以下に減らして作られた野菜のことです。

栽培中に使う農薬・化学肥料の量は、普通に売られている野菜よりも少ないです。

しかし有機野菜のように播種前(種まき)の規制はないので、播種前はどれだけ農薬や化学肥料を使っているかはわかりません。

有機野菜と無農薬野菜のメリット

有機野菜と無農薬野菜のメリットを比べてみます。

有機野菜のメリット

  • 有機野菜は美味しい
  • 栄養価が高い
  • 安全性が高い
  • 生産者の顔が見える

有機野菜は、自然に近い状態での栽培で、農薬や化学肥料を極力使っていません。
虫駆除や除草など、本来は農薬で対応するものは、農薬を使わずに人の手で取り除いています。

そして遺伝子組み換えも禁止されているので、安全面はとても高いです。

美味しい・栄養が高い・安全、という3つが揃っています。

無農薬野菜のメリット

  • 無農薬野菜は美味しい
  • 栄養価が高い
  • 安全性が高い

有機野菜と同じ部分が多いです。

普通に売られているものと比べると、農薬や化学肥料の使用は少ないので栄養価や安全性は高いです。

有機野菜と無農薬野菜のデメリット

有機野菜と無農薬野菜のデメリットを紹介します。
こちらも重複している部分が多いですが、一番の違いは「農薬の使用」です。

有機野菜のデメリット

  • あまり売っていない
  • 形が不揃い
  • 値段が高い

手間や時間をかけている有機野菜は、普通に育てる野菜よりも値段が高いです。
だいたい3割ほど高めの値段で販売されています。

そして多く生産できないので、スーパーなどではあまり販売されていないので、手に入りにくい野菜でもあります。

無農薬野菜のデメリット

  • あまり売っていない
  • 形が不揃い
  • 農薬がどれだけ使われているかわからない

有機野菜のデメリットと同じ部分が多いですが、一番のデメリットは農薬や化学肥料を使っている可能性が高いというところです。

有機野菜のように使ってはいけないという決まりはないし、使っていても記録する必要はないので、使っていたとしても買う側はわからないんです。

普通に売られている野菜よりも少ない量なのは間違いないですが、少なからず農薬・化学肥料を使っているかもしれないことは頭に入れておいたほうがいいですね。

有機野菜と無農薬野菜のまとめ

農薬は虫の被害から守るためであったり、病原菌からの保護であったり、どれも野菜を守るために使う場合が多いです。
人間の身体に悪影響を与えるために使っているわけではないことを理解しておいてくださいね。

が、できることならあまり口にしたくないという人が多いですよね。

同じ野菜でも、有機野菜のほうが農薬も最低限でしか使われていないので安全面は高いです。お値段も少し高いですが、それだけ手間暇かけて作られているので納得です。

なるべく有機野菜を選ぶようにしたほうがいいですね。

Copyright© 食材宅配の暮らし , 2019 All Rights Reserved.