おせちの詰め方・盛り付け方のコツ

お正月にコレがないと物足りない!おせち料理は非日常的な特別感を出してくれますよね。最近はネットでも重箱に詰めた完成品を購入することができ、材料を買いそろえたり面倒な手間をかけて作らなくても済むようになりましたが、それでもやっぱり「我が家の味」を大切にしている手作り派も多いと思います。

手間ひまかけて作ったおせち、上手に詰めたり盛り付けたりすることはできますか?せっかく見栄え良く作ることができても、詰め方・盛り方次第では残念なことになってしまうかも。

今回は、おせち作りが初めてで重箱の使い方・詰め方に不安がある人、あるいは市販品のおせちを上手に盛り付けてみたい人のために、そのコツを解説していきましょう!

目次

おせちの由来

「おせちは」漢字であらわすと「御節」、もともとは中国で五節句の行事で食べられていたお祝いの料理で、お正月だけの料理ではありませんでした。その御節が日本に伝わり、奈良時代や平安時代には宮中でのみ作られ、食べられてきたのですが、江戸時代になり庶民も御節を食べることができるようになりました。

江戸時代にはお正月に食べる特別な料理として広まりましたが、お重に詰めるようになったのは明治時代以降といわれています。重箱を使っておせちを詰めるのは、箱が重なることから「幸福が重なるように」という願いが込められているのですが、重ねておくことで場所を取らず、コンパクトに保管できるという理由もあったとされています。

おせちには山海の幸を贅沢に使用しますが、どれもお正月らしいおめでたい意味があったり、健康や子孫繁栄などの願いが込められている食材・料理になっています。保存の効く料理が中心となっているのですが、これは正月くらい家事から解放され主婦がゆっくりとできるように、という意味も含まれているそうです。

おせちの詰め方

おせちの詰め方にもルールがあります。おせちは重箱に詰めますが、本来は四段重が正式なもの。しかし、現在は三段重を使うことが一般的です。

地域によって多少違いがあるようですが、そのお重ごとの基本的な詰め方があります。自分の好きなものだけを詰めたお重を作ったり、適当に割り振り当てはめていくような詰め方はNG、それでは一の重、二の重、三の重の基本的な詰め方を見ていきましょう。

一の重

一の重には祝い肴、口取りを詰めます。祝い肴は三種類で「祝い肴三種」と呼ばれ、おせちの中でもっともお正月らしいおめでたい料理、おせちといえば真っ先に思い浮かぶような料理です。

祝い肴三種は関東と関西で異なります。関東では「田作り・黒豆・数の子」の3種類で、関西では「黒豆か田作り・数の子・たたきごぼう」の3種類。

田作りはカタクチイワシの干したものを炒り、醤油と砂糖などで甘辛く煮からめた料理で、「ごまめ」とも呼ばれています。ごまめとは「五万米」と書き、五穀豊穣の願いが込められています。

黒豆は「まめに働いて健康に暮らせるように」という願いが、数の子には子宝に恵まれるよう、子孫繁栄の気持ちが込められています。たたきごぼうは関西で詰める料理ですが、ごぼうを叩いて開くことから、開運を祈願する意味が込められています。

口取りは紅白かまぼこ、伊達巻、昆布巻き、栗きんとんなど、甘いものやお酒の肴になるような料理です。かまぼこは紅白で入れることでめでたさと、形が半円形なので初日の出を連想させます。伊達巻は丸く巻き込んで作ることから、円満な家庭をあらわしていたり、巻物にも似ているところから、知識が増えるようにという願いも込められています。

昆布巻きの昆布は、「よろこぶ」に通じるし、「子生(こぶ)」という字を当てて子孫繁栄も願います。栗きんとんは、黄金色であることから小判や金塊を連想させ、商売繁盛や金運を招き豊かな年であるようにと願いを込めます。

二の重

二の重には酢の物、焼き物を詰めます。酢の物は、紅白なますや酢レンコン、菊花かぶ、酢だこなど。焼き物は鯛、海老、カニ、ぶりなどの他、海老のうま煮やアナゴ、ホタテなどの甘露煮を詰める場合もあります。

なますの紅白はおめでたい色、鯛や海老もお祝い事に用いられる食材です。鯛の色は赤くおめでたいお正月にピッタリ、海老は腰が曲がるまで長生きするという願いが込められています。ぶりは出世魚であることから、出世を祈願する意味が込められています。

三の重

三の重には、山の幸をメインにした煮物(お煮しめ)が詰められます。ごぼうやにんじん、レンコン、くわいなどの根菜類、里芋、こんにゃく、鶏肉なども使って、煮汁がなくなるまでじっくりと煮たものですが、使われている素材にはお正月にふさわしい由来があります。

根菜類は土の中で根を張ることから、家族の繁栄や末永い幸せを願う意味が込められています。里芋は親芋からたくさんの子芋ができるので子孫繁栄を、レンコンには穴があることから、先の見通しが良くなるようにという願いが込められています。

おせちをきれいに盛り付けるコツ

おせちをきれいに盛り付けるコツについて説明します。

詰め方のコツ

お重の一段に詰める料理の品数は、必ず奇数にします。偶数は割り切れる数なので、別れを連想させお正月にはふさわしくないとされています。3、5、7、9など奇数で品数をそろえましょう。

まず最初に詰めるのは、形がしっかりとした崩れにくいものを。順番としては、奥から手前に詰めていきます。高さがまちまちだと見た目が良くないので、詰める具材は高さをそろえましょう。頭が付いている魚や海老は、頭を左に向けます。

なますや煮豆など、そのままでは汁が出てしまうものは、竹筒やゆず釜などに入れます。味や香りが移ってしまうのを防ぐために、仕切りや葉らんなどを使います。

また、おせちは作ってすぐ食べ切ってしまう料理ではありませんから、保存することを考え十分に冷ましてから詰めるようにしましょう。

盛り付けのバリエーション

仕切りを上手に使うと、初めてでもキレイに詰めることができますし、見栄えが良く華やかなおせちになります。様々な種類がある重箱の仕切り方を説明していきます。

市松

重箱を縦に3つ、横に3つの9等分のスペースに分けます。いわゆる「市松模様」になり、料理の品数が多い一の重にぴったりです。9つのスペースの配色に気を配り、バランスよく盛り付けましょう。

手綱

重箱全体を斜めに、平行に区切り詰めていきます。中央にメインの料理、海老などの焼き物やかまぼこを詰めると、見栄え良く盛り付けることができます。こちらは二の重向きの仕切り方です。

隅切

中央にひし形のスペースを作り、ここにメインの料理を。そして周りの四隅にもそれぞれ別の料理を盛り付けます。ひし形部分をさらに区切れば料理の数を増やすことができ、一の重の盛り付けにおすすめの仕切りです。

末広

重箱の中心に一品置き、対角線で四等分に区切り、それぞれのスペースが中心から扇形、末広がりになるように仕切ります。二の重、三の重の盛り付けにおすすめです。

段取り

重箱を横方向に、三段か五段に区切ります。料理が一列ずつ並ぶので見た目もスッキリ、見栄えが良くなります。三の重のお煮しめなど、具材を横一列に揃えて詰めることで取り分けやすくもなります。

まとめ

おせちとしてお重に詰める料理は、それぞれに意味があり願いを込めて作られるものですね。一の重、二の重、三の重、詰める料理は基本的に決まっていて、おせちならではのルールがあります。

適当に料理を詰めてしまえば、見栄えが悪くおせち料理らしくなくなってしまうかも。詰め方のコツ、盛り付けのバリエーションを参考に、市販のおせちに負けない見栄えの良いおせちに仕上げてください。

目次
閉じる